読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細工は流流仕上げは果たして…。

教育全般について徒然なるままに。2019年中受予定。

志望校が決まった?

塾での新5年の授業が始まって最初の週が終わった。

通塾日が週2から週3に増え、このリズムに慣れるまでがひと山。

それまではチアアップのサポートは厚めにせねばなるまい、と心していた。

予想通り3日目は帰宅するなり、「疲れたー」を連呼していて早くも先が危ぶまれる。

通塾日を減らすとしたら…というシミュレーションもしとくかな、と思った矢先、

息子の口から「でも〇〇受かりたいから頑張る―」という意外な言葉が続いた。

 

あれ、志望校いつの間に決まった?

初耳なんですけど。

 

よくわからないけど、具体的な目標があるのは励みになる。

やる気を出させる、くじけそうなところを持ちこたえさせる、

という方向のサポートは当面必要なさそうなので、

静かに見守ることにする。

 

学習のPDCA

今週から塾の新年度がスタートした。
5年生の目標は、学習のPDCAサイクルのAまで行けるようにすること。
 
塾に入るまではPDCAのうち、やっていたのはDだけ。
塾に入り、「答え合わせまで自分でやること」と教わり、PDCAのCにタッチ。
そこから正誤の確認で終わるのではなく、どこでどんな間違え方をしたのかまでを
確認できるようになったのが4年2学期の終わり。
 
今はマルつけのときに間違えたところをA~Dの4種類に分けると、いうやり方を試しているところ。
Aはケアレスミス、Bは思い込みミス、Cは解説を見れば解けるもの、Dは解説を見ても解けないもの。
このA~Dの記号を問題文のほうへ記入しておく。
今後、この情報をもとに2回転、3回転と回していくイメージ。
ちなみにこのA~Dの分類は、Eテレの「テストの花道 ニューベンゼミ」という番組で紹介されていたもの。
子どもはこの番組が好きで、ほかにもいろいろ影響を受けている。
 
PDCAのPの部分は今のところ塾のカリキュラムに乗っかった形になっているが、
夏休みとか少し長めのブレイクが入るタイミングで
短期的な到達目標を立てて計画を考える、というのをやらせてみようかなと。
 
中学入学までにこのPDCAが自分で回せるようになる、というのが目標。
中学受験はその点ではいいプロジェクトだなと思う。
PCAはプロに外注し、子どもはひたすらDをやる、というのは受験だけを考えたら効率的かもしれないが、
自立した学習習慣は身につかない。
どんなに面倒見のよい学校といっても塾以上に面倒見のよい環境はない。
「合格時がピーク」では残念すぎるので、多少遠回りでも「自立した学習」を意識していきたい。
 

f:id:w113hd:20170214191145j:plain

宿題や課題をどうこなしていくかの1週間の行動計画も本人が決める。
使っているのは無印のスケジュール帳。

始まりは「考える力」

今小4の息子が塾に通い始めて1年がたった。

地方出身の親ゆえ、中学受験にはあまりピンと来ておらず、

ほとんどノーマークで迎えた小3の12月。

それがなんで塾へ通うことになったのか?

そのいきさつはこうだ。

 

もともと子どもの「考える力」を伸ばすことに関心があった。

クリティカルシンキングをベースにした子ども向けのワークショップに通いだしたのは、小2の秋。

全30回のコースで、終わったのが小3の12月だった。

ワークショップのカリキュラムも講師の力量も満足のいくものだったが、

考える力がしっかりついた、というほどではなく、

そもそも「考える力」というのは日々の筋トレのようなもので、

なんらかの形で継続する必要があるなと思ったので、

そういったことを教えてくれる教室を探してみた。

 

そこで見つけたのが考える力を養うことを重視している今の塾。

理念に共感したことと、なんとなくピンと来るものがあってお世話になることに。

受験はアウトプットのひとつの場であってゴールではないと受験塾として積極的に標榜はしていないが、カリキュラムはしっかり中受に向けたもの。

こうして結果的に受験塾に通うことになった。

 

一年たってみて、やはりこの塾の考え方には賛同する部分が多い。

そして中受について判断を保留していた息子も、

「やってみたい」という気持ちを表明したので、

そこまでの道のりをこれから少しずつ綴っていきたいと思う。