読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細工は流流仕上げは果たして…。

教育全般について徒然なるままに。2019年中受予定。

サピックスの入試分析会

大手進学塾では入試分析会とか入試報告会というものが開かれている。 我が家が通う塾は小規模のところなので、この手の情報はほとんど得られない。 先生方はある程度ご存知なのだろうが、保護者に向けて発信されることはあまりない。 テクニカルな部分は基本…

複眼的思考

先日、塾の国語の授業を見学していて「ああ、成長したなぁ」と感じることがあった。 「空気を読んで行動すべきだ」という意見に対し、賛成か反対か、そしてそれはなぜか、を発表するというものだったのだが、クラスのほとんどは賛成派、反対派は息子一人。 …

春期講習は思い切ってパス

あと2週間もすれば春休みが始まる。 今回、初めて塾の季節講習を受けないという選択をした。 季節講習は通常授業と違って集中的に深く学べる利点があるのは重々承知だけど、 今回はあえてパス。 春休みこそは普段の勉強とは違う学びをしてみよう、ということ…

2020年の大学入試改革

2020年の大学入試改革。 不確定要素が多いためか、大学付属校の人気が高まっているんだとか。 昨日は教育先進都市と言われる豊岡市が行っているコミュニケーション教育を体験できるワークショップが都内であったので行ってきた。 豊岡市は教育政策を移住のイ…

地理より歴史?

ふとしたきっかけで『邪馬台国はどこですか?』という小説を手にした息子。 面白かったようで同じ本を2回読み、さらにシリーズ続編も読みたいと言う。 で、買いました。 左の1冊は世界史ですが、右2冊は日本史ネタ。 地理にはイマイチ面白さを見いだせていな…

教材整理術

以前はブックエンドでところどころ仕切りながら、背の高い順に並べていた教材の本棚。 教科別にボックスに入れてそのまま収納、という方法にしたら整理がぐんと楽になった。 取り出すのも、しまうのも、探すのも楽。 棚の横幅が無印のファイルボックス4つが…

ゴールはどこか?

中学受験がゴールでないのは、多くの親が思っていることだろうと思う。 では何がゴールか? 先日放送されたNHKのクローズアップ現代の中学受験特集に出ていたある保護者は、 「大学受験、あるいは就職先」と言っていた。 東芝やシャープがこんなことになる時…

サイエンス友の会

去年、申し込み期間を過ぎてから気づいた科学技術館のサイエンス友の会。 1年待って今年申し込み、昨日会員抽選に当選との連絡あり。 教科の中で理科が一番好きな息子。 中学受験とは関係なく、興味のままに学ぶ楽しさを味わってほしいなと。 様々なイベント…

志望校が決まった?

塾での新5年の授業が始まって最初の週が終わった。 通塾日が週2から週3に増え、このリズムに慣れるまでがひと山。 それまではチアアップのサポートは厚めにせねばなるまい、と心していた。 予想通り3日目は帰宅するなり、「疲れたー」を連呼していて早くも先…

学習のPDCA

今週から塾の新年度がスタートした。 5年生の目標は、学習のPDCAサイクルのAまで行けるようにすること。 塾に入るまではPDCAのうち、やっていたのはDだけ。 塾に入り、「答え合わせまで自分でやること」と教わり、PDCAのCにタッチ。 そこから正誤の確認で終…

始まりは「考える力」

今小4の息子が塾に通い始めて1年がたった。 地方出身の親ゆえ、中学受験にはあまりピンと来ておらず、 ほとんどノーマークで迎えた小3の12月。 それがなんで塾へ通うことになったのか? そのいきさつはこうだ。 もともと子どもの「考える力」を伸ばすことに…