細工は流流仕上げは果たして…。

教育全般について徒然なるままに。2019年中受予定。

『はたらく細胞』と人体

息子お気に入りのマンガ『はたらく細胞』。

体内の細胞を擬人化し、それぞれがどんな働きをしているかを描いたものですが、専門知識の緻密さとそれをストーリーに飛躍させるさじ加減がすばらしい。

免疫システム、血液の流れや働きなどはこれでかなり深く理解した様子です。 

 f:id:w113hd:20170701173427j:image

で、最近理科の授業で動物やヒトの体の単元をやって、またこれを読みなおしていました。習った知識が既知の情報とリンクするのが楽しいようです。