細工は流流仕上げは果たして…。

教育全般について徒然なるままに。2019年中受予定。

場合の数の洗礼

算数は予習シリーズ5年下が終わり、新規の単元はなくなったということで復習のフェイズに入りました。

先日、5年上の範囲がどのくらい定着しているか総合的に確認するテストがあったのですが、やはりというかなんというか、ボコッと大きな穴としてあぶり出されたのが「場合の数」。

ほかは食塩水にちょこっと取りこぼしがあったものの概ね得点できていたのに、場合の数だけは見事ボロボロ。これが「場合の数」の洗礼なのか。

夏期講習では「場合の数」はやらないようなので、夏休みの自主学習でもう一度基礎から復習かな。