細工は流流仕上げは果たして…。

教育全般について徒然なるままに。2019年中受予定。

PDCAシート、のようなもの。

夏休みも早1週間が過ぎました。

夏期講習は1日4時間、4日ごとに1日お休みが入るという、わりとゆったりめのペースで進んでいます。

子どもは夏休みですが、親は当然仕事なので日々の勉強は一人で回してもらわねばなりません。夏期講習以外の時間をどう自律的に過ごしていけるか。

ひとまず1週間ごとに振り返るPDCAシートのようなものを作って、その週の量的目標と質的目標を設定し、1週間の学習計画を自分で立ててもらうことに。

息子がまず計画に落とし込んだのが、算数の総復習。2週間で予習シリーズ5年上・下の全単元(総合回除く)の基本問題を浚うというもの。これは夏期講習とは別に出されている塾の宿題です。

質的目標に掲げているのは、ケアレスミスの失点をしないこと。そして基本問題なのでケアレスミスさえなければ満点が取れるはず、ということでスコアも満点を目指します。

問題を解き、マルつけをし、振り返る。この一連がすっかり自分でできるようになって、親がやることといえば気分転換とリマインドとねぎらいと。でもこのリマインドすら、今日は「わかってるから言わないで」と拒否されてしまいました。。口を出さずに見守る、が私の課題です。はい。

 

f:id:w113hd:20170729191902j:image 

息子の知識のアウトプットに付き合うのも親の役目。「うしかい座の一等星・アルクトゥルスの場所ってどこだか知ってる?」と嬉しそうに教えてくれたのがこれ。この手のネタ、好きね~。やっぱ男児だね。